FC2ブログ
2018_01
17
(Wed)20:24

パクリタキセル(タキソール)投与中に意識失う!会員さんの事例から part3

昨日のブログ記事に、管理人のみの閲覧として、コメントを頂いた方がおられた。

その中に、『この副作用、本当にパクリが原因なのか?前投与のデカドロンも怪しそう。』っというような内容であった。

そこで、私もすぐに調べて、意識消失になったご本人にに連絡を取った。すると、勝俣範之医師も、『デカドロンの可能性もあるが、デカドロン投与中は平気であったが、パクリの速度が変わった途端苦しくなっての意識消失だったので、

パクリの可能性が大きい。どちらが原因なのかの判断は難しい』とおっしゃっていたとか。

昨日も書いたが、このアクシデントの後も、通常通りの(きっと、今まで以上の観察はされておられるだろうが)投与がなされている。勝俣医師の経験値を信じて、これからも、続投予定とのことであった。

また、まったくの別件ではあるが、町内の知人から、共通の知り合いが召天したという報せを本日受けた。

彼ががん患者であったことは、勿論、ご本人からカミングアウトをされていたので知っていた。が、再発をされたことは、噂で聞いていた。

でも、私は、連絡を取らなかった。もし、必要なら彼の方からご連絡があるはず。必要でないから連絡がなかったのだ。

患者会の代表をしているからといって、ドカドカと人様の心に侵入してよいとは限らない。こういった場合、基本、こちらから行動を起こすことはほとんどない。

ただ、ご連絡頂いておれば、きっと、彼のためになるアドバイス(情報提供)は出来たかもしれないと思った。しかし、その情報提供が有用かどうかは、結果論であるので、やはり、慎重にならざるを得ない。

一方、当会の会員さんであるなら、ある程度、私の人となりや情報量をご存知なので、こちらから、アクセスすることは、時にある。

さて、
『彼は、無念だったと思う。』と、共通の知人が言った言葉が、頭から離れない。会者常離だけど、人との別れは、なかなか、納得という思いには至らないものである。


当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円  


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント