FC2ブログ
2018_01
25
(Thu)10:10

医師回答Q&A:肺がんステージⅣ脳転移再々発の治療について!

本日のブログは、国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 腫瘍内科医後藤悌先生との、メールのやりとりを貼り付けさせて頂く。

会員さん。後藤先生ともに、転載の許可を得ている。何かのご参考になれば幸いである。ご回答から先に転載させて頂く。

..............................................................................

シャロームさん

ご連絡ありがとうございます。
情報が不足しているところもあるのですが、、、

1.脳転移の治療
個数によります。ガンマナイフができるのであれば、それでいいと思います。
これには専門医もあまりいないので、ガンマナイフをできる施設であれば、質も担保されていると思います。

全脳照射は、今後出現を予防する効果は高いかも知れませんが、副作用もガンマナイフよりは大きいです。

 一定の個数を超えるとガンマナイフは物理的に全脳照射と同じ、ないしは手間で不可能になるので、可能であればガンマナイフで良いと思います。

 2.次治療
自分もジオトリフはあまり進めません。

肺病変の進行の程度などにも依存しますが、TS1よりジオトリフの方が、有害事象も多いし、効果のある確率も低いので、使わない理由もあまりないと思いますが。。

3.タグリッソ
タグリッソが使えるようになるかは不透明なところもありますが、いずれにせよ奇跡の薬ではありません。

〇〇さんのご病状の場合は、脳転移には効くかも知れませんが、 肺への効果はT790M変異がなければ、TS1よりも効かないかも知れません。

現時点では、実直にいまできるベストを選ぶ方が良いと思います。

取りいそぎですいません。

良い経過となることを祈っています。

 後藤

...............................................................................................

2018年1月24日 12:42 シャローム<
sugitocancer@gmail.com>:

後藤 悌先生

いつも大変お世話になっています。

お忙しい先生にこのようにメールを読んでもらうこと、また、質問をすることは、正直気が引けるのですが

それでも、会員さんの命がかかっているので、厚顔無恥ながらも、こうして、メールをさせて頂いています。
本当に申し訳ありません。

早速なのですが、
後藤先生に二度セカンド・オピニオンを受けた〇〇さんの質問を、下に、貼り付けさせて頂きました。

今回は、時間がないことから先生の外来予約(もしくは、セカオピ予約)は、取れないことから、 下記のような場合、先生の一押しの薬剤などがありましたら、是非、教えて頂ければ・・・・と思い、お伺い致します。

お忙しい先生には、大変、恐縮していますし、申し訳ないとは思うのですが、 是非とも、ご返信頂けましたら幸いです。

先生のアドバイスを受け、〇〇さんと、主治医(〇〇医師)と充分コミュニケーションを図りながら、 次の薬剤を選択できればと、考えておられます。

どうか、よろしくお願い申し上げます。

シャローム

.....................................................................................................

 From: 〇〇
Sent: Tuesday, January 23, 2018 10:04 PM
To: シャローム
 Subject: Re:

国立がん研究センター
中央病院 呼吸器内科
後藤 悌先生

昨年11月にセカンドオピニオンでお世話になりました〇〇です。その節は貴重な情報を頂き、本当に有難うございました。

去年の10月から始めましたドセタキセル(四回受けました)でしたが、 昨日のレントゲンで効果がなく、肺の腫瘍が大きくなっていることがわかりました。

(また、脳転移も新たに出現しました。これで、三回目です。)

本当は、
次の治療について〇〇先生の診察を受け、その後、後藤先生のご意見を伺いたいのですが、 木曜日に撮るCTの結果で、次の治療が決まりますので時間がありません。

メールで、このように質問をさせて頂くことは、ルール違反であり、後藤先生のお時間を拘束するものであることは、重々承知なのですが、

シャローム代表から、『ダメ元で後藤先生に質問してみよう。』と、促され、思い切って今、したためています。

大変、大変、申し訳ないのですが、ぜひご助言を頂けましたら幸いです。

○  木曜日(1月25日)にCTを受けます。
○  主治医からは次の治療としてTS-1を提示されました。
○  脳転移を繰り返していますので(3回目のガンマナイフを明日受けます)

 ジオトリフはどうかと尋ねてみました。
主治医からは分子標的薬の再チャレンジはあまり効果がないから勧めない。 が、あなたがしたいのならいいですよと言われました。

私としては、タグリッソが使えるようになるまで継ないでいきたいと考えていますので、 素人の浅知恵ながら、脳転移が心配なことから、

主治医が勧めないというジオトリフを使った方がいいんじゃないかと思い、主治医に申し出ました。

しかし、一方、肝心の肺が悪くなるのではないかという心配もあり、後藤先生であるなら、次の治療として何をお勧めになるのか、是非、お尋ねしたく質問をさせて頂きました。

現在、脳の治療は〇〇病院から紹介された▲▲病院で受けています。

このあとガンマナイフを続けてやって頂くか 全脳照射をして頂いた方が良いのか、
 
もしくは、肺がん、脳転移を治療するスペシャリスト(放射線腫瘍医)のセカンドオピニオンを受けた方がよいのか、思案にくれています。

★後藤先生は、どのようにお考えになられるか、これについてもお尋ねしたいと思います。

大変お忙しいところ本当に申し訳ないのですが、ご返信を頂けましたら幸いです。

がん患者会シャローム
会員 〇〇 △△

当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円  

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント