FC2ブログ
2018_05
03
(Thu)22:49

がん患者の障害年金:自力申請と社労士さんへの代行依頼とでは、どちらが受給に至り易いか。

タイトルの疑問が急に頭をよぎった。

当会では、こんなことが以前あった。会員さんが見たら、『私のことだ。』と、気づかれると思うけど、まっ、いいや。

彼女は、厚生年金加入の時に、社労士さんに依頼して代行申請をし受給認定が下りた。2級だった。2年後の更新の際、何を思ったか、彼女は、自力で申請した。結果は、3級に下がった。

2級より、3級の方が受給額は当然低い。その段階で、私のところに、SOSが入った。2年経っているのだから、重症化しているはずなのに、3級に下がるとはあり得ない話である。

すぐに、社会保険労務士さんに連絡を入れてもらい、不服申請を代行して出してもらった。すると、元の2級に戻った。

また、最近ではあるが、社労士さんに着手金を払い、申請をご自分でなさると言うケースがあった。当会でこんなことは初めてであった。

(社労士さんとの面談の後、音信が途絶える)

すると、何と、半年以上も経って、その申請された書類は、返戻されてきた模様。(おこりうる事態。)着手金を支払うということは、申請の代行を依頼するということなんだが・・・。いろんな方がおられるものだ。

社労士は、その経験と知識が豊富であればあるほど、受給に至る確率は高い.....と、私は読んでいる。自分でも出来るはず・・・と思って、申請された方は、結構、返戻されるケースは多い。

障害年金に精通している社労士さんは、医師の診断書のみならず、受給されやすい書類の書き方を心得ている。

伊達に、お金(成功報酬料)を得ている訳ではない・・・。さらに、代行の場合は、ちゃんと、その方の氏名のみならず、その人の肩書(立場)も明らかにされる。

敏腕社労士は、年金機構も把握されているのかもしれないと思ったりする。不服申請などを出されたら、また、厄介な仕事を増やされる!な~んて、思われたりするかもしれない。勝手な推測だけど。

当会では、自力申請で受給に至った方は、約60人中(もっと多いかも)、たったのお二人のみ。当会は、専属の社労士さんをご紹介するが、会員さんと当会。そして、当会とその社労士さんは、一切の利益相反はない。断言する。

たとえ、受給に至っても、お礼の品一つ、当会には持ってこないで!と固く申し上げている。下手に疑われては、たまったものではない。好意があだになってしまうからだ。

その代り、受給に至った時は、一刻も早く連絡をいれてね。とお願いしている。それは、私も一緒に喜びたいからに他ならない。

裁判だって、弁護士をつけないで、素人が闘っても所詮、太刀打ちできないように、がん患者の障害年金もまた、社労士をつけないで、素人が申請しても、それは、とても難関なのでは・・・と私個人では思っている。

自力申請でも、受給に至る場合は、勿論あるが、代行してもらった方が、きっと受給に至り易いと思うし、、がんが再発・転移している体での申請は、結構きついものがあると思うのは、私だけなのだろうか。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント