FC2ブログ
2018_07
28
(Sat)20:34

2018年7月27日(金)第69回患者の集い終了!会員さんのメールから

昨日の患者の集いでは、思わぬハプニングというか、トラブル寸前の危機というか、一時、ハラハラドキドキの出来事があった。

その時の緊迫した空気は、参加した会員さんしか分からない。

このままいけば、会に混乱を来すとか、収拾が図れないとか、船頭を見失うとか、まぁ~。色んなことが私の脳裏に去来したわけ。

どのように言葉に出せば円満解決を図れるだろう。グルグル グルグル私の頭を巡らした。そんな中、妙案が浮かんだ。これで行こう。

意を決して口火を開いた。ちょっと、語調も厳しかったかもしれない。患者会を牽引するということは、本当に色んなことがある。

今朝、会員さんとお話をした。昨日の出来事に触れ、『私は、シャロームさん。あっぱれだと思いました。潔よいと思いました。誇らしいとも思いました。』だっけか、そんな感じのことを言って頂いた。

昨日ご参加の会員さんもまた、多分、同じ思いだったのでは・・・と、その表情を見て感じ取った。ヘナヘナヘナ。会終了と同時に本当は、崩れ落ちそうだったんだ。

でも、傍目には、そんな私だなんて、きっと誰も想像しないだろう。毅然としていたように見えたかもしれない。でも、本当は、怖かった。どうしようもなく不安でいっぱいだった。

会員さんに援護射撃を求めてもいけない。私がひとり矢面に立たなければならない。会員さんもまた、『このまま行くとやばい。』と思われたに違いない。

っということで、さて、

早速昨日の夜。会員さんから、次のようなmailを頂いた。twitter にもtweetして下さった。ちょっとばかり、こそばゆい(四国の放言=くすぐったいの意)けど、そのまま転載させてもらう。

Aさんのmailから

本日も誠にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

今回の私のブログの件も重なり、いまさらですが、(シャロームさんは)本当に人思いの優しい人なんだなぁ、と、痛感しております。本当にありがとうございました。

Aさんの本日のtweetから
紀ノ村三太郎 @DBKdaPI9JBl3dZa 22 時間前

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント