FC2ブログ
2018_09
26
(Wed)20:47

第5回リンチ症候群研究会市民公開フォーラム

埼玉県立がんセンターの遺伝子カウンセラーさんからメールを受信した。このカウンセラーさんには、遺伝子関係で、会員さんたちが、並々ならぬお世話になっている。

このカウンセラーさんは、本当に評判がよく、とても穏やかに話を聴いて下さり、とても丁寧にお話をして下さるそうである。

また、そのカウンセリングの後、遺伝子検査の必要があると診断されたら、担当医(赤木医師)に回されるが、更にこの赤木先生がとてもとてもお優しく、人として尊敬できる方だと会員さんからお聞きしている。

そのカウンセラーさんから、
日時:12月1日(土) 14時~16時  会場:TKPガーデンシティPREMIUM京橋 22F   ホール22Dのフォーラムのお知らせを頂いた。

会場は都内ではあるが、オープンフォーラムなので、どなたでも参加できる。当会にも、リンチ症候群の方がお二人おられるが、

該当者だけでなく、こういった遺伝子関係は、知識・情報として頭に入れておいてご損はないと思う。私は、参加予定である。

リンチ症候群は、大腸がん、子宮内膜がんなどの発症リスクが高いと言われている遺伝子であるが、後半は、遺伝性かどうかにかかわらず、遺伝情報を有効に活用するための情報提供とのこと。

添付されたリーフレットがPDFのために、コピペ出来ない。今、スマホからPCへの画像転送出来ないので、(スマホで撮った画像が拡大すぎて、マイピクチャーでファイルアップロードできない。)こういう場合、本当に困る。

PDFではなく、ワードでの添付をお願いしようと思っている。

さて、昨日の都立高校でのがん教育は、生徒たちには、少々難しかったと思うが、前座の私、メインの勝俣医師、そして、ギター共に、まぁまぁ~。楽しくがんを学ぼうというテーマは、達成できたのではないかと思っている。

全校生徒が体育館に座っての受講ではあったが、ワイヤレスマイクを持ち、勝俣医師の質問を、生徒たちに答えて頂くべく、

私はあっちに走り、こっちに走り、(想像はたやすいか...と。転ばなくてよかった。笑)中には、恥ずかしく顔を伏せる生徒や、『分からないっす。』という生徒等など、それなりに我々は楽しかった....というのが感想であった!


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント