FC2ブログ
2018_10
14
(Sun)21:57

地方の方からのご相談電話!

本日も、地方の方からご相談のお電話を頂いた。

最近のスマホは、発信元(〇〇県〇〇市)が電話番号の下に表示されるので、どの地域からもお電話か、ある程度把握される。ところが、時々、発信元を誤魔化す方がおられる。そういう方のお話は、話半分に聞くようにしている。

『どこどこからお掛けですね。』と、本日確認を取ると、『はい。そうです。』というご反応であったので、真剣にご相談に対応させて頂いた。

全国の拠点病院の相談支援センターは、その病院の患者でなくてもご相談に乗って下さる。乗ると言っても、お話をただ、聴くという程度である。

肝心の聞きたいことには、答えて下さらない。それは、長く、病院内で相談員をしていたのでよく理解出来る。

しかし、当会のような患者会は、縛りがない。『それでは、〇〇病院の〇〇先生のセカンド・オピニオンを取られたら如何でしょうか?』

と、セカオピの手順や、その医師の紹介理由なども併せてお話をさせて頂く。ご相談相手によっては、全てが終わると、(手術などの後)そのご報告を受けることがほぼ常であるが、『ご紹介を頂いた先生は、本当に素晴らしい先生でした。』というご反応が多い。

その名指す医師の提供元は、私の主治医の勝俣範之先生である。

①知識が豊富で有能。
②患者サイドに立てる医師。
③質問には、丁寧に優しく答えて下さる。
④患者の尊厳を大切にして下さる。
⑤診察中は、患者に体を向けてお話をして下さる。

こんな条件に合う先生を教えて欲しいとお尋ねすると、ご存知の場合は、そのスペシャリストを教えて下さるので、本当に当会としては助かっている。

勿論、参考程度に受け止めてとか、自己責任ですという言葉を付け加えることを忘れないが、概ねのご相談者からは、好評である。

相談支援センターでそれを求めるのは、やはり、適切でないとは思うが、当会のような、縛りのない患者会などで、気軽に相談することで、思わぬ情報を得られる場合もある。

当会の情報が一番などとは思ってはいないし、相性の問題もある。また、患者さん側にも、医療者に失礼な態度を取ったりすると、いくら、ご立派なお医者さんでも、ご立腹される場合もあるかもしれない。

だから、私がやっている情報提供も、かなり危険な綱渡りであったりする。医療には絶対はないのだから、たまたまその人の体が特異体質で処方された抗がん剤により、思わぬリスクを負うとも限らない。

そんな時、『この先生でなければうまく行ったかもしれない。』と、恨みも買いかねない。難しいよなぁ~と、思いながらも、ついつい、お節介を焼いてしまう私がいる。

こ一時間のご相談が終わるとぐったり疲労困憊となる。いつまで、こんなことを続けられるかしらと、思いは行きつ戻りつしながら、今もまだ答えは出ていない。

今日も、先日の大腸がんの勉強会に参加された方が、内視鏡検査でポリープを切除し、現在、その病理検査待ちというご報告を受けた。

患者会は、本当に人助けであるとは思うが、如何せん、新たな患者会は起こされない。その会を立ち上げた代表が病気や年齢的な理由で代表を続けることが出来なくなった場合、

やはり、消滅となる患者会は、少なくない。バイタリティーがあり、使命感があり、そして、仲間に信頼があり、牽引力があり、ある程度専門的な知識や情報を入手することに積極的な人、(あ~やっぱりハードル高いかしら?)が現れないかなぁ~。

来年度から、現在定期的に開いている患者の集いは、一応終了する予定である。それでも、患者会としては名を残し、再発・転移者の会や、遺族の会、そして、ご相談部門は、続けて活動する予定である。

それでも、きっと、それすらも、体力・気力・能力的に限界が来る時があるだろう。先のことを思い煩っても仕方がないが、エンドレスにこの活動を続けることが出来ない日は必ず来ることだけは、お伝えしておこう。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 




C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント