FC2ブログ
2018_11
16
(Fri)21:30

早期緩和ケア大津秀一クリニックのご案内!

先日、緩和ケア医大津秀一医師より次のようなメールを受信した。どんなに熱意があっても、大学病院という組織の中では、なかなか思うような医療を提供出来なかったかもしれない。

が、ご自分でクリニックを開業されたとしたら、時間の制約はあったとしても(プライベイトな時間だって必要)理想に近く、満足の行く医療を目指せるのでは・・・と思った。

開業当初は、その周知度からクリニックを利用される方はそう多くないかもしれない。しかし、すぐに患者が溢れることだと思う。

私の主治医勝俣範之医師も、国立がん研究センター中央病院から、日本医科大学武蔵小杉病院に転勤された時、実は、患者さんが最初は集まらなかった。

今や、セカオピは、何ヶ月も待ちとなり、なかなか、埼玉の患者は、転院が難しくなった。スタートから知っている私は、(そもそも、今のような腫瘍内科がなく、病院に入ってすぐ左の細長い診察室らしからぬお部屋に通された。)

今のような状態になるのは、時間の問題だと思った。

大津秀一医師は、ネットや書籍でかなり有名で、特に心温かく、患者寄りの優しいお医者さんである。

がんり患当初からの緩和ケアと謳われても、実際は、そう簡単に緩和ケア科にはかかれない現状ではあったが、これからは、それが現実のものとなり、気軽に手軽に緩和ケアを受けられる。

私は、もう、術後19年目を迎えているので、今たちまち緩和ケアを必要としている訳ではないが、痛みや苦しみがコントロールなされていない会員さんがいらしたら、大津先生のクリニックに一度相談に行ってみては・・・と勧めたいと思う。

期待を裏切られることはないと確信しているから.....。

....................................................................................

シャロームさん、大変ご無沙汰しております。

緩和ケア医の大津秀一です。

ご連絡が遅れましたが、今年8月に「緩和ケアが受けられない方のための」あるいは「診断時や抗がん剤等の治療中から心身への緩和ケアを希望する方のための」早期緩和ケアクリニックを東京都文京区に開設しました

(早期緩和ケア大津秀一クリニックhttps://kanwa.tokyo/ と言います)。

シャロームさんがご存知の方あるいはお関わりの方で、心身の苦痛や不安(専門的な事柄も含めて)でお困りの方もいらっしゃると存じます。

もしそのような方がいらっしゃったら、ぜひご紹介頂ければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(Facebookのほうにも先日ご挨拶申し上げてしまいました。
よろしくお願いいたします)

......................................................................................

すぐにご返信をさせて頂いたが、実はお友達の多い方のFBは休眠状態にしているが、間違って開設したFBは、なかなか、閉鎖の手続きが出来ずUPされたままになっている。

多分、そこにメールを頂いているとは思うが、Facebookは、基本やっていないので、もう、使い方も忘れてしまっている。覚えるのも早いが忘れるのもあっという間である。

最近、持続する気力がどんどん薄れ、あれほど、毎日ブログを更新していた私が、最近は、平気でブログをお休みしている。お休みをしても何とも思わなくなってきている。

以前は、一日のやることの一つとしてこのブログ更新は、上の方の優先順位であったが、今では、どんどん下がってきている。

それでも、一定数の方は、このブログをご支援下さっているので、何とか、その期待に応えたいとは思っている。





C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント