FC2ブログ
2019_06
04
(Tue)15:07

患者は、正しいことを知りたかっただけなのに!

 今さらだけれども、昨年、がん専門医との懇談会で、私は、彼女の前で質問をした。『治験をした場合の病理の条件に、昔の病理結果を使われた。それっておかしくないでしょうか?』

すると、その腫瘍内科医は、『間違いない。私でもそうしたかもしれない。』というご返答であった。長い問答ではあったが、一環して、『間違いではない!』と断言された。最後には、私の方が根負けした。

月日が経ち、私は、先日の日本医科大学武蔵小杉病院のキャンサーボード勉強会で、同じ質問を演者にした。

すると、『治験で、昔の(がん発覚時の)病理診断結果を使うことは、間違いではありません。でも、新しい病理結果だと、よりよいでしょう。』という回答を得た。

演者は、国立がん研究センター中央病院で、ゲノムの治験を専門とされておられる先生。

やっぱり!素人が考えてもそうだろうに。それを受けて私は、前出の医師に、この国がん医師の回答をお伝えした。

そして、『より新しい結果での治験の方がよりよい.....ということを、私は確かめたかったのに、先生は、間違いではありませんの一点ばりでした。

私も、彼女も、もう、過ぎたことですし、その治験を行った医師を責めようとか、糾弾しようとか、思っているのではなく、本当のことを知りたかったのに、先生は、その古い病理結果で治験を行った医師の擁護をされました。

でも、私たちが求めていたことは、そんなことではなく、より新しく、より正しい知識が欲しかっただけだったのです。』と、申し上げた。

するとその医師は、ただ一言、『すみませんでした。』であった。『昔のものでも間違いないが、新しい物は、よりよい。.....』たった一言そういって頂ければ、我々も溜飲を下げられたのに、その医師は、正解をご存知であったであろうに、患者の前で仲間を擁護した。

これでは、いつまでたっても、末端の医療現場の劣悪さは、変わらない。そして、挙句の果てに、真実を隠され、全てを開示して下さらなければ、結局は、患者の主治医に対する疑心暗鬼は、払拭されない。

こういったことが、医療現場では多いのではないかと思っている。だから、患者は、やっぱり、勉強しなければならない。

医師任せでは、往々にしてこういうことが平然と行われていたりする。絶対信頼を置いていたのに、命の危機迫る状態の中で、その医師の家族だったら、同じことをしただろうかと、治験のその医師に私は問うてみたい。



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント